カーポートで失敗しないポイント 網走管内の施工事例

ガレージ・カーポート

大切なマイカーを駐車する時に、ガレージにするかカーポートにするか迷いますね。
カーポートは車の屋根部分を雨風や、雹、鳥の糞などをガードしてくれるものとなります。
ガレージは車を密閉して保管できるのは利点ですが、それゆえにガレージ脇に影ができたり圧迫感を感じることがあります。
そこで、車の駐車スペースにガレージにするか?カーポートにするか?迷った際にこのページが参考になれば幸いです。

車の駐車スペースはガレージかカーポートどちらがいいのか?

ご挨拶が遅れましたが、当社は北海道網走市でガーデニングやエクステリアの施工を行っています。
ガレージやカーポートの施工も行っていて、お客様のご要望に合わせてガレージやカーポートの施工の提案をしています。

 

カーポートの利点は車の屋根を雨や直射日光、雹や鳥の糞などの落下物から守ることができますね。
壁がないためカーポートの周囲の日当たりがよく、開放感があるところにあります。
その利点を活かすとしたら、玄関前に車を駐車したい場合は断然カーポートになりますね。
また、家の南側に車を停める場合も日当たりの都合で、ガレージよりもカーポートに軍配が上がりますね。

 

もしも、玄関前に2台の車を停めようと思ったならば、上の画像のようにガレージ付きカーポートや玄関前にカーポート、その隣にガレージを建てるという手もありますね。
玄関前までカーポートの屋根を近づけることで、雨の日でも雨に当たることなく車の乗り降りすることができるのが大きいですね。

カーポートは天井だけをガードしますが、オプションで側面パネルが用意されています。
側面パネルをつけることで、風の吹き込みや他人の視線をガードすることができます。

 

カーポートの設置で失敗しないよう気をつけること

ガレージではなく、あえてカーポートを設置するケースというのは玄関前に自動車を駐車したいというケースが多いです。
そこで、玄関前にカーポートを設置する際には次の点に気をつけないといけません。

  • 玄関ドアの開閉でドアとカーポートが干渉しないようにする
  • 外開きの窓の開閉で窓が干渉しないようにする
  • 玄関前に階段がある場合は頭上スペースに余裕があるか?

上の3点は日常生活で支障をきたすため特に注意が必要ですね。
カーポートには利点がありますが、注意点をおろそかにしていると利点よりも欠点が目立ってしまい失敗したとなりますね。

 

カーポートとガレージを比較して決定的な欠点

ガレージとカーポートの違いは壁のあるなしとなりますが、カーポートは横から来るものに対しては無防備です。
そこで、上から降ってくるものはガードできても、横からの雨や花粉、砂ぼこりについては全く防御ができません。

 

強風の土砂降りの天気の場合は、上の画像のように横殴りの雨の場合は車が汚れてしまいます。
ここがカーポートとカーポートを比較して決定的な欠点であります。

 

また価格面でも、カーポートのほうがガレージと比べて安いのですが、目安としてカーポートの値段はガレージの7~8割ほどの値段になってしまいます。
そこで、値段が安いからという理由でカーポートを選択した場合、「やっぱりガレージにしておけば良かった」ということもありえます。
そこでガレージかカーポートが迷った場合は、私が現場を見て適切なものを提案していきます。

 

網走管内でカーポートの設置事例と見積もりについて

網走管内で「カーポート及びガレージ付きカーポートを設置したい」というお問い合わせが増えています。
そこで、当社が取り扱っているカーポートの一例を紹介していこうと思います。
今回紹介した以外にもお客様の家の敷地や家族構成、車の台数をお聞きして最適なガレージやカーポートを提案していきます。

 

剛くん54S型 ダイワ工業

剛くん54S型はスタンダードな1台用のカーポートですが、こちらは豪雪地用で屋根が頑丈となっています。
雪下ろしの目安として、軽い雪は高さ約150cm、湿り雪なら75cm以下、春先湿り雪は約35cm以下となっています。

 

サイズは長さ551.0cm、幅306.5cm、有効幅253.5cm、有効高さは乗用車タイプで200cmでワゴン車タイプが230cmとなっていています。
国産の一般的な乗用車やワゴン車ならばこのタイプで屋根を十分カバーできると思います。

 

例えば、玄関前に2台の自動車を駐車したい場合は、剛くん54S型2台用がございます。
こちらのサイズは長さ551.0cm、幅が576.5cm、有効幅253.5cm✕2台、有効高さは乗用車タイプで200cmでワゴン車タイプが230cmとなっていています。

 

ガレージ付きカーポート Fポート54S型 ダイワ工業

こちらはガレージとカーポートが一体型となっているFポート54S型です。
玄関前はカーポートにしてその隣はガレージになっているので、普段使いの自動車をカーポートに停めて、使用頻度の低い車はガレージで保管する、という使い方をするにはうってつけだと思います。

 

こちらのサイズは長さ551.0cm、幅607.0cm、カーポート有効幅が253.5cm、ガレージ有効幅が260cmです。
有効高さは乗用車タイプでカーポートが200cm、ガレージは190cmで、ワゴン車タイプの場合はカーポートが241cm、ガレージは231cmとなっています。
雪下ろしの目安として、軽い雪は高さ約150cm、湿り雪なら75cm以下、春先湿り雪は約35cm以下となっています。

 

物置付きカーポート SポートM型

SポートM型はカーポートと物置が一体化したものとなります。
こちらは玄関から離れた場所にカーポートを設置したい場合や、玄関に対して横付けする形で自動車を駐車する場合に最適なカーポートだと思います。

 

サイズは長さ693.0cm、幅326.0cm、高さは279.0cmです。
駐車スペースの長さが552.2cm、有効幅が267.0cm、有効高さが240cmとなっています。
物置は幅303.0cm奥行きが137.3cmで開口部は120.0cmとなっています。

 

雪下ろしの目安として、軽い雪は高さ約150cm、湿り雪なら75cm以下、春先湿り雪は約35cm以下となっています。

 

カーポートで失敗しないポイントのまとめ

今回は網走管内でカーポート及びカーポート付ガレージなどを設置したい方向けに設置例を紹介しました。
当記事での紹介例はあくまで一例で、自動車を1台ないし2台駐車したい場合の事例だけを紹介しましたが、2台以上駐車できるカーポートやカーポート付ガレージもございます。

 

カーポートにかかる費用につきましてはカーポートの値段と下地処理の有無、既設ガレージの撤去などで施工費用がまちまちとなっています。
ガレージやカーポートを設置したいと考えている方は、お気軽に当社まで見積もり依頼をしていただければ、現地を見てお客様の要望をお聞きして最適なものを提案していきたいと思います。

 

高田メンテナンスの見積依頼はコチラから!
見積り無料!

当社の方針としてはお客様のご希望をお聞きして、要望に沿ったものを提案させていただきます。
お客様の満足度を優先した提案をして、無理な営業を行うことはいたしませんのでご安心ください。

 

※最近はこのフォームを使って営業される方がいますが、見積依頼以外でこのフォームを使用することを禁止します。

 


     

    またはお電話での問い合わせはコチラから
    0152-48-2035

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました